• 2013年12月

回り込み解除

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

お久しぶりです。

ムーが入院しました。

15日午前中からエサを食べず、うんちも出ず、

アクアコール水、プリンペランを飲ませ、胃のマッサージを続けるも、
食べ出さず、うんちも出ず、ずっとトイレにうずくまっている状態。

昨日16日昼に強制給餌10ミリ。
夜、近所の病院に連れて行きましたが、
うさぎに詳しくなく、設備も不十分で、

対処としては、
・胃腸運動促進剤
・胃のマッサージ
・強制給餌
・ラキサトーン

を指示され処置はなし。

夜、強制給餌10ミリ、
プロナミド、アクアコール水など継続、

胃のマッサージを続けましたが、

今日の朝になっても
全く回復の兆しがなく、
トイレはまっさら。
ペレットにも口を付けない。

膠着状態。
状態はかなり悪い。


午前中、仕事を休み、
歯を切ってもらっているエキゾ病院へ。

おしっこも出ないので、
結石も疑い、レントゲン。
結果、結石はなく、ガスは溜まっていないものの胃は内容物がギュウギュウ

空気や水分がなく、びっしりの状態。


左の手前の臼歯の間に、歯のカケラが挟まりそこから出血していたらしく、

それが直接の原因の可能性もあります。

が、今日連れて帰って回復しない場合のことを考え、入院させました。


ムー、がんばれ!

スポンサーサイト

回り込み解除

依然入院中です。

回復の兆しはいまだないそうです。

明日、定時と同時に会社をスタートダッシュして、病院へ行きたいと思います。

それまでに死んだらだめだよ。

入院の前日、
ムーに初めて怒鳴りつけました。
嫌がるムーを押さえつけたらキューキュー言いました。

入院した日は、
朝から電車で、貧血&軽い過呼吸になって、でも午後から仕事だったから、
急いでいたし、

まだ怒鳴ったことを謝ってもいないし、
いつもみたいに仲直りのパパイヤだってあげてないんです。

家にはムーが具合が悪くなる前に、知り合いから届いた乾燥にんじんがあって、

そのうちあげようと思っていたら、急に食べれなくなったから、

結局未開封で家にあるんだよ。

ムーに食べて欲しいよ。


今すぐムーに会いたい。

布団も暖房もなくていいから真っ暗でいいからムーの隣にいたいです。


真っ暗な中で、痛みと苦しみに必死に耐えていると思うと、可哀想で可哀想で。

部屋を見回すと、

どの壁にもムーの写真が貼ってあって、
ムーの似顔絵が置いてあって、
ムーのブリキ文字が飾ってあって、

机にはムーの薬が、試供品のトイレの砂が、使ってくれなかった牧草ボールが、

ゴミ箱にはペレット牧草の空袋が、
牧草がまだ沢山余っているし、開けてないペレット牧草とペレットもちゃんとあるよ。

出窓の上も、引き出しの中も、
どこもびっしりムーのものがあるよ。

部屋に入るとムーの匂いがする。


主役がいなくなったら、全部がへんな感じ。


絶対また戻ってくるんだよ。
あったかい部屋でパパイヤ食べよう。

回り込み解除

ご心配おかけしています。

おととい、歪で小さいうんちが30個ほど

昨日昼、電話すると、小さいけれど形の整い始めたうんちが30個ほど出、

強制給餌は飲み込むものの、
自力では食べ出さない状態、とのこと。

これから歯切りをしますと言うのでお願いしました。


そして、仕事が終わってから病院に行きました。

顔を見てすぐ、出た言葉は、
痩せたね~

涙を拭く人がいなかったので、目やにが沢山ついていました。


動きはあり、目の活力もありました。


うんちが出始めたとはいえ、じゅうぶんな量ではなく、油断できない状況であることはわかっていましたが、



飼い主の勘で、これからうんちが出だすだろうと思ったこと。

全快までには短くて2週間ほどかかると思ったため、退院のタイミングが難しいと思ったこと。

回復の後押しがあといっぽだとすれば、それは家に帰ることだと思ったこと。


まだまだな状態にも関わらず退院させました。


家に帰ると、具合悪いポジションでうずくまりました。

が、ペレットを差し出すと、数粒食べたんです。

病院では全く食べなかったのに。

アクアコール水を差し出すと、グビグビ飲みました。

病院では普通の水だったため飲めなく、
おそらく強制的な水の補給もなかったと分かりました。

トイレに上がり、ほんの小さいうんちが7粒ほど。

プリンペランシロップ
ペリアクチンシロップ
鎮痛薬を飲ませ、

胃のマッサージ


私が寝るまでに牧草ペレットも食べ、
うんちもさらに10粒ほど。

少しのペレットと野菜、アクアコール水を入れ就寝。

今朝、
給水器から水を飲む音で目覚めました。


トイレにはさらにまとまったうんち、
ペレットは完食、野菜もおおかた食べていました。


自力で食べていたため、強制給餌はしていませんでしたが、うんちがかなり出てきたこと、じゅうぶんな量摂っていないことを考え、さきほど強制給餌。。
というか、自分から食べました。
30mlほど。


今回は、結果論ですが、
家に帰って、いつもの環境、餌になったことが、状況を大きく好転させました。

といっても、

入院する前は、もう家ではどうしようもなく、

回復の一番の鍵は、入院でした。


今回、二日半の入院中にした処置は、

輸液3回?かそれ以上
鎮痛剤注射6回
強制給餌5回(一回20~26ml)
無麻酔歯切り
胃のマッサージ
消化管機能促進剤
食欲増進剤

です。

ここの病院は夜間は無人なので、
給餌処置などは少なめだと思います。


最近は体調もよく、歯切りの間隔ものびていたのに、

やはりというか、襲ってきますね。

いきなり消化機能が完全ストップですから。

入院前に、獣医さんに、
発症から3~4日でうんちが出始めるかが勝負と聞きました。
ムーは4日目で出始めました。
入院の次の日です。

入院して本当によかった。

山は超えたようです。

応援して下さったみなさん、どうもありがとうございました!

回り込み解除


お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。