回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除




うさぎさんを連れて出掛けること。
その事について思う事を少々。。。。



私は、ムーを病院以外で連れ出すことはしません。
気分を害する方もいると思いますが、うさんぽやその他外出に同伴するのは反対派なんです。。。。

広い場所への恐怖、外敵や農薬、ノミダニや脱走など、耳が痛く言われていることももちろんですが、

中でも私が懸念してるのは、
熱中症、ストレスに起因する身体的症状(斜頸など)、リードの絡まりによる事故、感染性の病気
です。


ムーのことになりますが、
ムーは暑さが苦手です。
部屋が20度くらいまで暖められると、フローリングの冷たいところでお腹をつけるし、
真夏はクーラーで冷やしていてもケージが揺れる程呼吸が早く荒くなります。
バタンッと横向きで気持ち良さそうに熟睡するのも冬限定です。
夏に病院に連れて行った時は、家を出て10分で熱中症になりました。

なので、直射日光が当たるうさんぽ、イベントなどの人ごみの熱気、
移動の際のキャリー閉め切りなどは、これからの季節ムーにはかなり厳しいのです。

また、
ムーは病院に行くなどストレスがかかると、ストレス性の斜頸になります。
爪切り、ブラッシングなどの短時間の拘束ではなりませんので、
外出がどれだけストレスを感じさせているか想像出来ます。

リードの絡まりについては、うさんぽをしたことがないので分かりませんが、
犬でも足に絡まりますよね。
犬は、「リード」を認識しているし、散歩が楽しいので、あまりパニックにはならないと思いますが、
うさぎは・・・?
パニックになったら、骨は容易に折れてしまうと思うのです・・・。

そして最期に、他のうさぎさんとの接触によって感染する病気、特に、うさぎトレポネーマ(梅毒)、エンセファリトゾーン症。
梅毒は、鼻や生殖器から感染しますので、鼻でチュ、や、マウンティングで感染します。
エンセは、おしっこから感染すると言われてますね。
キャリア(未発症)の子、発症していても気付いていない子(特に♂の梅毒、軽度の場合は気付きにくいようです)がいるかもしれません。。。


ムーは今、体が弱ってます。なので、危険は避けなければいけません。。

我が子を病気にさせたのは、私の飼い方がいけなかったのだと負い目に思っていました。最近まで。
偉そうなこと言って、自分は我が子すらまともに飼えていないじゃないかと思われてしまうだろうと。

でも、それは違うと思い直したので、
私の意見を頑張って書いてみました。


各うさちゃんによって懸念材料は異なると思います。
でも、うさちゃんは、本来とてもとても弱い動物ですよね、、、、。
繁殖力の強さは、=弱さを表してます。


私は、犬でも猫でもなく、うさぎが好きになったから、
だからうさぎを飼ってます。
ストレスに弱くて、犬や猫ほど人間に懐かない
「でも」好き
でもなく、
「だから」好き
でもなく、

うさぎ「らしさ」を感じる事が出来る一つの要因だから、
うさぎが好きだから、犬にもない猫にもない、「らしさ」が嬉しい。
だから犬はしてるから、猫はしてるからって何でもさせたくないっていうのが、ホンネです。。



と、ここまで書きましたが、一意見です。
十人いたら十通りの意見があってしかるべき。

うさぎさんと外出されている方は、その方なりの意見や見解があるのですから。






頭硬いな〜と思いますよね!?
そんな大真面目に神経質に考えなくてもいいじゃんって思いますよね!?

次回からまたユルユルでお送りするから勘弁して下さい(´>ω<`)
スポンサーサイト
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

私も外出は不賛成です。

はじめまして。
うさぎで検索して、お邪魔させて頂きました。

私も、とってもかよわいうさぎを外に出す事は不賛成です。
骨がもろい事も有りますし、外の環境を知らないうさぎに過多なるストレスを与えたり、病気を貰ってくるかも知れないような所に行く事は、私自身にもストレスになります。

部屋の中でも十分に楽しんでいるように見えます。
たまにサークルから脱走して、目がキラキラしているうさぎを見ていると、余計な事をする必要はないと思うのです。


これからも、遊びに伺いますのでよろしくお願いします。

うさぎ小屋の実樹 さん

お返事遅くなりまして申し訳ありません(><)

うさんぽは、相当危ない橋を渡ったりしなければ、大半は、思い出作りや、愛情表現の一種として良い面もあるとは思うのですが、
一方で、体調を崩すうさぎさんもいるのは確かですよね。
人間が注意することだけで防げることは限られているのだと思います。

動物と暮らすことは、思いも寄らないことの連続で、取り返しのつかないことになることだって十分あります。
そのリスクを少しでも減らしたいですね。
特に私は、ムーが元気をなくすと、私までどうにかなりそうなくらいに落ち込んで、
へこたれてしまうので、そういった意味での防御でもあります。

ブログの方、コメントを頂く前から覗かせてもらっていました。
ご自分の意見をしっかりまとめて、いくつも発信してらしてすごいなぁと思っていました。
こちらこそ、また遊びに行かせて下さい(^^)
拍手コメントも有り難うございました。
すこし更新に間が開くこともしばしばですが、また寄って下されば幸いです。

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。