回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

前回の記事を読んで、気分を害された方、申し訳ありませんでした<(_ _)>


しばらく近況報告ができていませんでしたので、させて頂きます。


遡りますが、
14日、取り急ぎ、
B病院にてレントゲンと血液検査。
血液検査の結果は問題なし。
左の肺が、心臓に圧迫されているか、動きに問題があるかもしれないと言われましたが、
明らかな異常と言えるほどではなく、
呼吸に大きな問題がないことから、
特にアプローチはなし。
涙、くしゃみを、細菌感染を疑って、抗生剤をもらいました。

10日抗生剤を飲ませましたが変化なし。

25日、A病院にて、しばらくやっていなかったので、心検診。
レントゲンも撮るので、
肺、目ともにセカンドオピニオン?

心エコーの結果は、
肥大の進行なし、収縮率は38%前後で維持。
肺、気管は綺麗で問題なし。
よかった~!(^▽^)

目は、
歯からくる鼻涙管炎との診断。
鼻涙管洗浄(念のため両目)してもらいました。
歯は、見える範囲に大きな問題なく、
麻酔をかけて見るレベルのところや、噛み合わせた時の圧力が原因だと思われます。
食べれているので、今はこれ以上踏み込みません。

なので、原因を取り除けない以上、
鼻涙管の炎症も治らず、
詰まりも解消されないので、
目はこのままかと思います。






時々コットンで拭いています。
目薬をすると気にして掻くので、
点眼は、目の状態を見つつ必要そうであれば。


飲水量、糞量の低下、お腹の張りが
見え始めましたので、
昨日は、ブラッシングをして、お腹のマッサージも始めました。
今日は、私だけ病院に行き、プリンペランをもらってきました。
常備分もと、14日分、28包装をもらいました。
帰って飲ませて、マッサージ。
うんちはかなり少ないですが、
食欲あり、水は半量程度は飲んでいます。
お腹痛いポーズもなく、張りもやや和らぎました。


ムーの、うっ停までの変化は、

1. 3日くらい前からお腹が硬い
(ここから進行せず解消する時と、以下に続く時がある)
2. 飲水量・糞量・食餌量の低下(一晩で一気にきます)
3. お腹の張り

これは、進行がゆるやか?なパターンで、だいたいはここまでで、
餌の制限と投薬を始めます。
今回は、2が、3日くらいかけて段階的だったのと、飲水量がそこまで下がっていないので、
うっ滞ではない、体調不良からかと思いました。

急激なパターンだと、

1. 3日くらい前からお腹が硬い
2. さっきまで、出ていた、食べていた、飲んでいたのに、
急に何も口にしなくなる。
うずくまったり体を捻ったりする。
糞が出なくなる。
お腹の張り。


ムーはだいたいはゆるやかなパターンが多いですが、治るのに1カ月ほどかかります。

ゴールデンウイーク中、
急激なのが来て、あわてて病院に駆け込みましたが、
その日の深夜にうんちが出て治りました。

これは、ムーの場合なので、愛兎ちゃんも同じと考えないで下さいね!








こんなところかな?!(`●ω●´)
引き続き、二人三脚で頑張ります!


あ!
今、うずくまってると思ったら、
涎たらしてました。
気持ち悪くて動けなくなったみたいです。
涎拭くしか出来ないけど・・・。


それではまた。
スポンサーサイト
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

かきたくなりました。

お疲れ様です。
今回の記事を読ませていただいて、
本当によく
身体状況の変化の予測や行動パターンを把握していらっしゃるなと思いました。
それは、これまでムー君と一緒に闘ってきた、きょうこさんにだからこそ、分かることなのだと思います。
ムー君を思う強い気持ちはこれまでの内容からとても伝わってきます。

ただ、やはり前回の記事は、読む人にとって悲しい内容だったと思うのです。これまでのきょうこさんと、ムー君の頑張りを読んできた方なら尚更だと思います。読んでいくうちに、きょうこさんと気持ちを共感し頑張るムー君に愛おしさを感じていたとおもうのです。
うさちゃんたちは、自分の命を私たちに人間にあずけてくれています。何も言えなくて、本能でしか生きられなくて、パートナーを選べなくて、それでも自分の命はそのパートナーに預けなくてはなりません。
だから、人間は、自分の怠慢や感情でその尊い命を粗末に扱っては絶対にいけないと思うのです。

人間の方が長生きなのだから、どうしたって一緒にいられる時間は限られています。その限られた時間がお互いにとって大切な時間になればいいなと思います。

これからもムー君ときょうこさんを応援していますよ。

応援者さん

有り難うございます。
少しのムーの異変で自身が焦らないように、
時々の状態を細かく覚えています。
自然と、ですけれど。
ただ、過信しすぎるのが一番怖く、
必ずしも「いつもと同じ」ではないことを
しっかりと肝にめいじていきたいと思っています。

そうですね。
ムーの体調を気遣って、さらには私のことも気遣って、
楽しみに、そして時には不安になりながら、私のブログを見ていてくれた方々には、
とんでもない裏切りだったと思います。
私がムーを見放すような発言をしてしまっては、
ムーと読み手の方の架け橋を壊すようなものだし、
私に共感して頂いていた方々には、
まったくの見当違いな思いだったと、残念な思いをさせてしまったことと思います。
応援者さんにも、申し訳ありませんでした。。

ムーの生に努力することが、私の今の生き甲斐です。
一緒に生きて行けることが幸せです。
ムーがいると思うことで、毎日頑張れます。
でも、私だけがそう思って、
辛い時には八つ当たりしてはいけませんね。
その命を安心して寄りかけられる飼い主でいなきゃ、
支え合ってるように思うのは私だけってことになってしまいます。
ムーのことが大好きです。
だから、私はもっと自分のコントロールをしなきゃいけないと思います。

コメント、とても嬉しく、心に響きました。
有り難うございました。
暖かく力強い応援に答えられるように、
これからも愛情いっぱいの記事を書いていきたいです。
よろしければ、また、いらして下さいね。

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。