回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

すこし毒吐きになるかもしれませんが、ご了承頂けた方のみ読んで下さい。













午前中に病院へ行ってきました。



よだれと、ぼーっとするのが多い、体重もかなり減っていることを言いました。


昨日ステロイドを二回分飲ませたら今朝は少し元気だ とも。



先生は、
「ステロイドを1日二回出す事はできる。
ただ、回数を増やしても、いずれ効かなくなったときに、今度は増量を繰り返すことになる。
そうすると、もうステロイドは止められない。
これから死ぬまでの生活の質の考え方の違いで、
ステロイドを使い、効かなければ増量して、見た目だけ元気はつらつに生活させるのと、
もう一方は、ステロイドの量を抑え、活力が下がってくれば少しずつ与えて行き、あまり元気には見えないけれどありのままの体調で過ごさせること。
それは飼い主さんに任せる。ステロイドは、どう出すこともできるから。
ただ、出してしまった以上使い方は、飼い主さんの判断、責任で。」
と、こんな話。

私は、元気ハツラツに生活させたいわけじゃありません。

ここまでムーを見て来たのだから。

弱ったとき、疲れたときには、「疲れたね、少し休もうね」
「無理しなくていいよ」と何度も何度も言って、
弱ったムーに合わせてこなければ、ここまで来ていない。
もっと元気出せ!とお尻を叩いてきたわけではありません。

先生の言う、ありのままの体調で過ごさせることの方が、考え方としては近いです。
しかし、それでは、死んでしまいそうになるところまで来ています。
だから、先生の勧めない、私だって本当はやめたいステロイドを使わずにはいられない状況なのです。
本当に辛そうなんです。
体調が下がったら、少しずつ使う?
下がるどころではなく、重篤にまでなってしまったら?
そうなって初めてどんと使うのでは遅い。
今、下がって、少し使って、下がって、また少し使って、
でも下がるのを食い止められないから、暑い中診察に行っているのに。

新しいアプローチもなく、
心臓の状態が悪いから。と。


去年の末もそうでした。
心臓の薬を増やしても、どんどん体重が落ちて、どんどん体がうまく動かなくなっても、
それがこの子の今の体の限界だ、と。
一度、ステロイドを使ったらどうだろうかと私から提案した時にも、
逆に心臓の負担になるからと言われ、
治療が変わる事なく、

12月17日、呼吸困難で瀕死に。発見が早く、別の秒運の救急にすぐ駆け込み一命を取り留めましたが・・・。
先生には、うちでも治療は変わらない。長くないだろうと言われました。

それからもう、7ヵ月経ちました。


その時も、今も、変わらない願いは、
まだ一緒にいたいということ。

まだまだ一緒にいたいと


それを、先生は分かっているのかな


どんどん体重が落ちて、落ちて、落ちて、
元気がない日が続いても、

ステロイドはあまり使わない方がいいと言うなんて、


それでもありのままがいいの?

ありのままはどんどんどんどん悪いありのままになっていき、

死が近づいてきても、ステロイドは使ってはだめ?


私はまだムーと居たいと、分かっているのかな?
スポンサーサイト
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

元気がなく、しんどそうな様子を見るのは辛いでしょうね…
私、ずいぶん前のことですが実家暮らしの時、犬を飼っていて、亡くした時、悲しくて辛くて、もう2度とペットは飼うまいと決意しました。
でも今の旦那と暮らし始めた時には もう先客として、1うさいましたwww

愛犬を失った時のことを思い出すと、いつかはまた…って悲しくなるけど、お互い生きてるうちは、やはり元気に過ごしたいですよね(/_;)

No title

うちのむさしくんは 10歳4ヶ月で亡くなるまでステロイド使ってましたよ

下半身不随で 9歳の時に睾丸の癌にもかかったけど手術も出来ない体だったしね。。。

でも ステロイドのおかげで10歳のお誕生日も迎えられたし 癌の進行も止まっていたので 最期の最後まで元気に自分でご飯食べて暮らせました

きょうこさんの思っうようにされたら良いですよ

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。