回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

涎がひどく、
動けない時が多くなっています。

どうしたらいいんでしょう?



????????


堂々巡りでどうしたらいいのか

希望が見えません。。



何を試しても毎日すごく辛そうです。

体重もまた減りました。



水を飲まなくなって1週間以上。

うんちは二日出ないのはざらで、
出た日も、よくて50個。



よだれの水溜まりがいたる所に。



??????????????


何をしてあげればいい?

どうすれば良くなる?


あれもだめ、これもだめ、じゃあこれは?あれもやってみよう
違ったじゃあこれは?

そんなことをもう何周も何周も。


ムーの状態はなにをやってみても毎日変わりません。
スポンサーサイト
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

こんばんは。少しでもご参考になればと、私のつたない知識ですが急ぎですが、お役にたちますようにメモさせていただきます。
前回便が出ない時で拝見したのですが、なにかラキサトーンは日常的に毎日のように少しづつ与えるのは良くないらしいです。トラブルでググると検索されます。石油油のパラフィンが原料なので、腸の粘膜を汚して返って腸内細菌が減ったり腸の内容物が消化不良で固まったりベタベタになるそうです。ラキサトーンは基本は猫の肉食用の丈夫な腸に開発されたようですよ。換毛期以外はあたえません。普段の便の不調には、毛が原因でない場合は与えたりしません。兎は草食だし、腸内細菌が命なので、私は必ず一緒にラブレ(人間の飲料ですが植物性乳酸菌)に溶いたりとか、同時にヨーグルトを与えたりし細菌を減らさないようにしてます。また内容物が固まらないように野菜や水分をラキサトーンを与えた日は強制的でも普段よりたっぷり与えるようにします。

涎は獣医に原因は何と考えてるのかわかりませんが…、大変酷そうですよね。私も涎はあまり詳しくないので、本当に何故なんでしょう。エンセなのでしょうか?違ったらすみません。でもムーちゃんが可哀想で、きょうこさんのお気持ちお察しします。

お腹の調子ですが、酵素は採っていらっしゃるかな…?兎や自然界の動物は酵素不足になると、良くないらしいです。病気でも減るとか。寿命に関わるらしいです。考えてみると、野性の兎は腐った落ち葉の腐葉土や野原を走り回り、足や身体についた自然の菌や酵素(納豆のような良性の腐敗菌だとか酵母とか)を舐めて綺麗にする時取り込んでいます。それが身体に良い、丈夫にするのです。
私は通販の納豆菌は人工的でちょっと抵抗あって、人が普段食べる納豆を味なしで小匙半分位強制給餌に潰して混ぜ与えたりしました。少量のたんぱく質は病気の時なら良いそうで三輪エキゾでも納豆は与えて大丈夫だと言われました。あと、ヨーグルトの酵素は動物性なのであまり良くないと聞きます。でも体力落ちていたら栄養価も良いので一回1ml朝夕位ならいいそうです。
あと酵素自体は40度以上の温度で壊れてしまうので、熱が加わった食品には入ってません。だから、兎のペレットや乾燥牧草には入ってません。また缶詰、瓶などの保存食にも高温消毒すみで入ってません。だから新鮮な(ミラクルエンザイムはも生きた葉にあるのでなるべく新鮮なもの)生野菜や野草にはたっぷり入っています。
きょうこさんが綺麗な野草が手に入る地域なら胃腸を綺麗にするには野草が一番ベストなんですが。難しいかもしれませんが。

あとやはり食欲ない時は蜂蜜も酵素いっぱいなので甘くして与えるとかでしょうか。

いつも、もうご存じのことを長文にしているかもしれませんが、すみません。でも心から病気の兎がいる身として私もムーちゃんの快方を御祈りしています。
暑さも大変な時期ですが、これを乗り越えるのが一番大切ですね。どうかお二人ともお身体ご自愛ください。

納豆は心臓病にはダメでした

すみません先程のコメントで、間違った情報を提供して記入してしまいました。(先程とこの私のコメントは紛らわしいので削除してくださって構いません、否できれば削除お願い致します)
正しくは以下ですので訂正させてください。

先程、酵素の入った食品に納豆も良いと書きましたが、心臓病の薬によっては、納豆が薬の効き目を無くしてしまう為、血栓ができたりして詰まり危険だから食べてはいけないので、心臓病の兎には納豆は絶対与えないでください。
特に人間の心臓病の薬では、納豆やほうれん草はダメなんですよね。注意をされます。

今回たしか獣医に聞いたら兎の場合大丈夫と言われたんですが、獣医が勘違いしていると思い、止めたほうが無難だと思って、私も心臓病には与えなかったんだと思い出しました。

又うちでは多頭飼いしているので情報を間違ってしまいました。申し訳ありませんでした。心臓病以外のうちの兎で老齢によるお腹の調子や体力回復の必要な子達には、納豆なども与えたりし元気になりました。しかし、心臓病の子には与えてませんでした。

きょうこさん、あぶなく大変なことになるかもしれず、申し訳ありませんでした。コメントを読んだ方もすみません。m(__)m

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。