回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

一週間前の病院の報告をしていませんでした。

無麻酔での歯切りをお願いしたのですが、
切ろうとした臼歯が一本抜けてしまいました。
他の尖っている歯は場所的に無麻酔では切れなく、
結果、歯が一本抜けて終わりました。


それから一週間、
ムーさんがますます食べなくなってしまいました(´・_・`)

健康時の三割ほどしか食べません。


ここにきて、麻酔での歯切りを、お願いしてみようか。。という気になってきました。

明日電話してみます。


ムーさん。。( ; ; )

スポンサーサイト
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

あえて人様のペットにああだこうだとか言いたくないのですが…

あえて言います!だから〜麻酔処置は健康体が第一だから体力が
無くなって来ると麻酔出来ないのでやれるチャンスを逃して
しまって最悪な結末を迎えてあとになって何であの時やってあげなかったん
だろうと後悔していたブロガーさんをたくさん見て来ました。
麻酔を心配する気持ちも分かりますが石橋を叩き過ぎるとその先には後悔が待ちかまえていることもありますのでじっくりじゃ無く速やかに考えて下さい。

むー殿を長生きさせて下さいな!!

先生とお話出来ました?
ムーちゃんの心臓を考えると麻酔は怖いけど、にゃんともさんのコメント読んで、私も考えちゃった。
きょうこさんの周りには良い人がいっぱいいるね。
あとは、きょうこさんが信頼できる良い先生と出会えていてほしい。

私も、アルトの歯の時、アルトは、胸腺腫だから、麻酔が凄く怖くて、ネットで無麻酔で歯の処置を行うと詠っている病院に他府県だったけど、高速で飛ばせば一時間ちょいの距離だから走りました。でも、やはり、その先生を信頼できずに、帰ってきました。そして近所で、そこそこ大きい動物病院に行き先生に色々説明を受け、麻酔で歯の処置をしてもらいました。
ムー君も、入院や、検査一杯頑張ってきた、まだ、きょうこさんと一緒にいたい一心で頑張ったんだと思う。うちのアルトは頑張ってくれました。年末に高齢による心肥大と診断され元旦に食滞を起こし救急で夜間診療に走り不正咬合と心肥大と診断され早急に設備の整った病院に行くよう言われ、最終的に歯の処置をして頂いた病院に連れて行き胸腺腫と診断され今の状況で麻酔は危険と言われ。ステロイドとプリンペランで食欲を戻し、歯が悪いため、ふやかしペレットで体力をつけ1月11日に麻酔で歯の処置。現在元気に、なんでも食べます。6歳と高齢ですが走り回り元気にしてます。3月に入り葉の検査しに行ったところ、又伸びていますが、早急段階では無いので、2回目は、まだですが、麻酔歯の処置で二時間程で、家に帰ってこれました。先生の説明を受け、私も早急に決断されるのが、Bestだと思います。
もう直ぐ換毛期も迎える季節なので、重なると、そっちの方が高リスクになります。

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。